法人税の申告期限

法人税の申告期限は、原則として決算日後から2ヶ月後になります。

実際の日程で考えると、

3月31日が決算日の場合

法人税等の申告期限は5月31日です。

9月30日が決算日の場合

法人税等の申告期限は11月30日です。

12月31日が決算日の場合

法人税等の申告期限は2月28日または29日です。

ただし、申告期限となる日が土曜日、日曜日、祝日に重なる場合は、その次の平日が申告期限となります。

申告書の提出期限は延長できるか?

一定の要件を満たせば、税務署に届出をした上で、法人税・住民税・事業税の申告期限を1ヶ月間遅らせることが可能です

ただし、消費税の申告期限を遅らせることはできませんので、消費税については決算日から2ヶ月以内に申告することが必要になります。

税金の納付期限も決算日後から2ヶ月後

税金の納付期限も、申告期限と同様に決算日から2ヶ月後までとなっています。

税金を納付せずにいると、当然ペナルティを受けることになりますので、確実に納付するようにしてください。

会社の決算日を覚えていない

いままで決算のことをほとんど気にしていなかったという方も今まで相談を受けたお客様の中にはいらっしゃいました。

その場合、まずは決算日を特定することからはじめることになります

関連記事

  1. 会社設立の説明をアイパッドでしているしている

    株式会社設立サポートとは?

  2. 決算日の調べ方

  3. 設立費用を4万円も節約できる!電子定款認証

  4. 会社設立の流れ

  5. 会社設立後の届出をまとめました!

  6. 会社設立は自分でできるか?

事業計画書や創業融資に関するメディアサイト「scheeme スキーム」

おすすめ記事

事業計画書とは?