消費税納税義務の免除期間

基準期間の課税売上高が1,000万円以下の事業主は、消費税の納税義務が免除されます。
法人の場合の基準期間は、原則として前々事業年度(2期前)とされています。

新しく会社を設立した場合は、この基準期間となる前々事業年度がないため、結果的に第1期・第2期の消費税納税義務免除されるのです。

資本金の額が1,000万円以上の場合、納税は免除されません

ただし、例外もあります。
資本金が1,000万円以上の法人については免除しないという特例が設けられてるのです。

つまり、『資本金1,000万円未満の会社』でなければ『2期分』消費税納税は免除されません。

したがって、資本金を1,000万円未満にして、第1期の事業年度をなるべく長めに設定することで、会社設立時の消費税納税義務免除の効果を最大限に利用できることになります。

『資本金』や『事業年度』を決める際には、このようなポイントも押さえておかないと、損をしてしまうということもあるのです

関連記事

  1. 法人成りすると経費の範囲が広がる

  2. 「経営者」として成功するのに大切な3つのポイント

  3. 数値計画と事業計画の関係性

  4. 金沢の格安ホームページ制作会社

  5. キャッシュリッチ経営を社長が最低限知っておくべきお金の循環の話

  6. 融資を受ける上で、銀行のことを理解しよう!

事業計画書や創業融資に関するメディアサイト「scheeme スキーム」

おすすめ記事

事業計画書とは?