決算日の調べ方

決算日の調べ方

決算日が分からないという方は、まずは決算日を調べることからはじめましょう!

決算日は定款を見れば100%分かります!

決算日は会社設立時に作成している、定款(ていかん)と呼ばれる書類に書かれています。
定款とは、会社の約束事を定めた書類で、会社の憲法などと言われることもあるものです。

会社設立時はこれを作成していなくては設立ができないようになっています
定款の中に、「事業年度」についての記載がありますが、そこにある、「当会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とする」というような文章をご確認ください。

定款のある場所が分からない

会社設立時に司法書士さんや行政書士さんに書類を渡されたけれど、よくわからないのでそのままにしておいたらどこかに行ってしまった。というような場合、定款そのものがみつからないという自体もありえます。

会社を設立した直後の書類の中に埋もれていることが考えられますので、まずは、会社関連の書類の中を探しみてください。

「○○司法書士事務所」や「○○行政書士事務所」と書かれた封筒があれば、その中に入っている可能性が高いと思います。

定款が見つからないときは

どうしても定款が見つからない、という場合には、税務署・都税事務所等に提出している開業届を見てみると、事業年度がわかります。

定款がなくなってしまったという方は、定款は会社を運営していくうえで、絶対に必要な書類ですので、定款が見つからなかった場合には、必ず再度定款を作成してください

関連記事

  1. 会社設立を専門家に依頼する理由は?

  2. 起業は準備で決まる!?起業前におさえておきたい準備ポイント

  3. 会社設立の流れ

  4. 設立費用を4万円も節約できる!電子定款認証

  5. 株式会社設立の注意点

  6. 法人税の申告期限

事業計画書や創業融資に関するメディアサイト「scheeme スキーム」

おすすめ記事

事業計画書とは?